都市部でも見られる

握手をする

都市部でも増加傾向にある害獣による被害

農作物や家屋に被害を及ぼす害獣というと、鹿やイノシシなどを、まずは思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 その様なイメージから、どうしても農村部での出来事と思いがちですが、実は都市部の住宅街でも、害獣による被害が増加傾向にあることは、あまり知られていません。 都市部における害獣の代表的な例としては、アライグマ及びハクビシンを挙げることが出来ます。これらの害獣による被害が増加している背景としては、ペットとして持ち込まれたものが何らかの理由で捨てられ野生化した、などを挙げることが出来ます。 このような理由から、最近ではハクビシン駆除を行う専門業者の存在が、注目を集めています。 ハクビシン駆除には、様々な知識が必要になります。

害獣駆除に掛かる費用

また、本格的なハクビシン駆除を行うには、狩猟免許持つ人と、自治体への申請及び許可が必要になります。 このようなスタッフを有するハクビシン駆除を行う業者ならば、安心して駆除を依頼することが出来ます。 専門業者へ作業を依頼する際ですが、まずは下見を兼ねた見積りを依頼することにより、料金面での行き違いを未然に回避することが出来ます。 専門業者の多くでは、出張見積もりについては無料で行っているケースが多いので、このようなサービスを上手に利用したいものです。 駆除に掛かる費用ですが、業者や駆除方法により違いがあるため、一概には言えませんが、駆除と清掃などを含めて、十数万円ほどでのプランが、多く見受けることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加